ミロンガの夜

夜な夜なアルゼンチンタンゴ

ミロンガの仕組みやルールは上手な人のためにある


考えてみれば、当たり前。
ルールを作るのは、そういう人達だから。
自分たちが快適に過ごせるようにルールを作る。
自分たちにとって不快なものはなるべく排除するようにする。

カベセオも、
上手な人達にとっては、快適な誘いかとかもしれない。
まず、断られることがない。
顔見知り出ない人達であっても、上手ければ好印象
遠くから、踊ろうぜ、的なかっこよさげな誘い方もできる。

初心者や、そのミロンガに馴染みのない人は、
そうはいかない。
カベセオで誘うことは難しい。
じっと見続けないと気づいてももらえない。
踊る、踊らないの判断基準も持ちあせていない。

ただ、一度決まったらルールは誰にとっても平等。
ルールが快適になるように、自分を成長させていくのが早道かも。