ミロンガの夜

夜な夜なアルゼンチンタンゴ

ブエノスの聞いた話

ブエノスは、孤立している
よそ者を受け入れない

タンゴはブエノスのものだけではなくなった
世界中でタンゴが踊られるようになった

世界中からブエノスにやってくるが、
それらよそ者によって、
ブエノスのタンゴ、ミロンガのカルチャーが壊されることを嫌っている
そのため、よそ者を排除しようという行為になる

よきタンゴの時代を守る力が働いているのだと思う。
どこにでもある光景、けして珍しいものではない。

それはそれとして、
違う扉を開いて、新しいタンゴを受け入れるというところも存在している。
それで、いいんだと思う。

あとは、踊る側は取捨選択すればいいだけの話。