zumix

開発マネジメントtoマーケティング

slack嫌いとか

slack嫌いという上司。

わかる気がする。

 

slackの意味は、ダラダラは、笑った。

部下20人、1日の内半分はミーティング。

離席していれば、通知が100個は来る。

見るだけもたいへん。

 

その中身は、いろいろ。

重要事項は、直接、来て欲しいのが本音。

それじゃないと、まわない。

マネジメントがボトルネックになってしまう。

 

マネジメントとして

上司のやり方に合わせるというのは正しいかも。

上司の状況に応じて、性格に応じて、

コミュニケーション手段を選択すればいい。

そして、組織はそれに合わせなければいけない。

縛りは、もしかしたら、一番上手くいくかも。

 

ツールに人を合わせるか?

人にツールを合わせるか

の問題やね。

 

 

戦略に組織に合わせる 戦略に組織を合わせる

という古典的な経営学と同じ。